マリンスポーツclub
ダイビングに関する情報サイトダイビングの魅力についてダイビングショップの選び方ダイビングライセンスとはCカードについてダイビング器材は水中での生命維持装置ダイビング用語集たくさんのマリンスポーツ マリンスポーツClub

『マリンスポーツClub』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

ご意見・ご感想

たくさんのマリンスポーツ

ウェイクボード

水上スキーと同じようにモーターボートで引っぱってもらい水の上を滑る、水上版スノーボードの事をウェイクボードと言います。実際にやってみるとサーフィンと水上スキーを足したような感じがするマリンスポーツです。モーターボートで出来る波を利用してスラロームやジャンプで技を競うこともできて様々なアクションを行うことが可能です。モーターボートがウェイクボードを引っぱる早さは初心者だと、20〜30kmぐらいです。上級者になると30〜35kmぐらいになります。引っ張るロープの長さは16〜18m前後です。一回あたり10〜15分くらい滑るのが一般的なマリンスポーツです。個人差は人それぞれになりますが、スクールに入り指導を受けると20分を2本行う位で水の上で立つことは出来るようになります。沖縄でマリンスポーツをご希望される方には、ウェイクボードをオススメします。

カイトボート

風をはらませたカイト/凧をあげ、風によって引っ張られる力を利用して、海上を自由に飛んだり、走ったり、跳ねたりして楽しむマリンスポーツです。カイトボードはアメリカ、ヨーロッパを中心に1998年頃から爆発的に成長しました。カイトボードは「フライサーフ」、「カイトサーフィン」、「カイトセイリング」とも呼ばれています。3D感覚のスポーツです。風を利用し海と空を自由に駆け抜ける、その爽快感を味わなきゃ損です!カイトをコントロールするのにはなかなか手間がかかります。ですが、カイトをコントロールできるようになると、気軽に豪快なエアーにチャレンジすることができます。始めるにあたっては、ちゃんとしたスクーリングを受けてグループで楽しむようにしましょう。

水上スキー

時速60km以上のスピードでモーターボートにひかれ、水しぶきをあげながら左右にターンを行ない、ジャンプ台では派手なジャンプアクションを披露!時にはモーターボートの引き波を使ってジャンプをします。ウェイクボードは海版のスノーボード!、水上スキーは海版のスキーです。

マリンジェットスキー

ジェットスキーまたはマリンジェットとは、船底から海水を吸い上げて船内部にあるスクリューの働きによって、船後部から、勢いよく海水を噴出させることによって、海面を出走させる事のできる小型艇のことです。1人乗りのものや2人乗り、3人乗りのものまで種類が様々あります。しかしマリンジェットを1人で操舵するには免許が必要になります。ですが、2人乗り以上なら1人が免許を持っていれば資格のない人でも操舵できます。マリンジェットにはブレーキがありません。水の抵抗のみによって停止します。衝突回避が難しいので、安全運転を心がけて楽しみましょう。

パラセーリング

パラセーリングとは、体にパラシュートをつけて船で引いてもらい、海上の空を凧上げのように散歩するマリンスポーツです。初心者でも安全教育の後、すぐに青空での空中散歩を楽しめるという手軽さで人気も高いマリンスポーツです。飛行後はゆっくり水上か船上に着水するので心配いりません。風速10m以上のような風が強い日や悪天候の日には、パラセーリングを飛ばすことができない可能性があるので、当日の天候などには注意しましょう。

バナナボート

バナナに似た形の浮き袋をマリンジェットなどで引っ張っり水上を滑走するマリンスポーツです。5人乗りのものが多く、皆でバランスを取りながら水面を滑走します。安定性があまり良くなく、海に投げ出されることも多いが、そのスリルも楽しいマリンスポーツです。

注目サイト

2017/10/16 更新

Copyright:(c)2008 マリンスポーツClub. All rights reserved.