マリンスポーツclub
ダイビングに関する情報サイトダイビングの魅力についてダイビングショップの選び方ダイビングライセンスとはCカードについてダイビング器材は水中での生命維持装置ダイビング用語集たくさんのマリンスポーツ マリンスポーツClub

『マリンスポーツClub』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

ご意見・ご感想

ダイビングライセンスとは

ダイビングをするには、世界的にも共通で通用する認定を受けなければダイビングをする事が出来ません。その認定証は「Cカード」を取得することで、ダイビング全般に関するサービスを受けることができます。いわゆるスキューバダイビングを行うことが出来るのです。いきなり海に行って、友人に教えてもらいながらダイビングすることは出来ません。Cカードを取得するか、体験ダイビングを受けるかしないとダイビングがしたくてもできません。

ライセンスの種類

ダイビングライセンスの種類についてご紹介します。目的によりライセンスも様々です。あなたはどのレベルまで目指しますか?

Open Water Diver(オープンウォーターダイバー)

水中で楽しむ為の初級のライセンスです。スキューバダイビングを始めるにあたって必ず取得しなければならないライセンスです。 老若男女、どんな人でもこのライセンスから始まることになります。ダイビングをする為の最低限のスキル(技術)を習得すると与えられる資格です。

Specialty Diver(スペシャルティーダイバー)

初心者〜中級者になりかけの方が取得できるライセンスです。この資格を取得されたら、少し余裕を持って楽しむ事ができます。様々なコースの中から、お好きなコース2コースと、ダイビング経験12ダイブで取得できます。

Advanced Open Water Diver(アドバンスドオープンウォーターダイバー)

このレベルになるとかなり余裕がでてきます。バディの表情や、魚の表情を見る余裕がでてきます。以前にも増してダイビングの楽しさがかなり広がります。次に潜りにいくのが待ち遠しくなること間違いなし!合計4つのスペシャルティコースを修了し、ダイビング経験24ダイブで取得できます。

Master Diver(マスターダイバー)

アマチュアの資格としてはランクです。このマスターダイバーは自分の事はもちろん、一緒に潜っているバディのケアまで出来てしまいます。他のダイバーを引っ張るリーダー的、見本となる資格です。ダイビングはバディと潜ります。自分のケア、バディのケア、今までバディに任せていたことを自分でできるようにしましょう。酸素プロバイダー、リアクトライトプロバイダー(心肺蘇生法)、AEDプロバイダー、レスキュー&ストレスの各コースを終了し、ダイビング経験50ダイブで取得できます。

Dive Control Specialist(ダイブコントロールスペシャリスト)

こちらはスキューバダイビングになるためのプロコースです。ダイビングの知識はインストラクター並に豊富です。講習のアシスタント・水中でのガイド、どんなダイバーからも憧れられる素晴らしい資格です。ガイドがしたい!グループ管理がしたい!なんでも極めないと気がすまない方はチャレンジしてみましょう。道のりは結構険しいので受講前にプロになる心構えをしっかりもって受講してください。簡単に取得できる資格ではありません。ですが、スキューバダイビングを極めたい!という方には目指しがいのあるものです。

Valuable information

明治
http://www.meiji.co.jp/

2014/12/19 更新





Copyright:(c)2008 マリンスポーツClub. All rights reserved.